--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年01月16日 (火) | 編集 |
誕生~保育園時代(3)
入園式の日は、やってきた。

美咲は、何のことかわからなかったが制服を着せられていた。

美咲「どこ行くの?」

母「保育園行くの!」

美咲「ふ~ん」

その後の恐怖なんて知らずに、のん気に思っていた美咲

保育園に行き、入園式に参加、そして無事帰宅。

恐怖は、2日目からやってくるのであった(笑)

次の日も、なんだか早起きさせられて、制服を着せられる美咲

美咲は、訳がわからないうちに自転車の後ろにつけられている

美咲用の椅子に座らされて、どこかへ

(; ̄ー ̄)...ン?と思っているうちに保育園に到着!

先生と母が話をしているが、美咲は人見知りなので

母の後ろに隠れて、前にいけない。

しかし、母は「お願いします」と美咲を前に差し出し

「バイバイ!」と明るく手を降って帰ろうとする

美咲は焦った!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

母を追いかけて泣き叫ぶ!先生は美咲を追いかける!

美咲の人生始まって以来のピンチであった!

それはそれは必死である!

美咲を追いかける先生も必死!

門のところに行き、門の柵にしがみつき離れない美咲を

母は、笑顔で見ながら去っていった

美咲ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!!

母としたら、この悪がきと少しの間でも離れられるという開放感に

足も浮くぐらいに、嬉しかったことであろう(笑)

美咲はといえば、人生が終わるくらいの別れに打ちひしがれ

門と一体になって泣き叫ぶのであった

初日は、こうして過ぎていった。

門と仲良しの美咲は、1日そこから動けなかった!

しかも大泣きでである(/□≦、)エーン!!

そして時間はたち、母が迎えに来る!

助かった!C=(^◇^ ; ホッ!

と安心して帰宅!

「もう2度とあんなところ行くものか!」

なんて思っていた美咲であったが

そんな甘い話はあるわけもなく

朝無理やり起こされて、

またまた制服を着せられるのであった(笑)

~つづく~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
可愛いなぁ♪
(≧m≦)ププッ
表現が大袈裟ですごく可愛く読めちゃいますw
うん、でもその当時の感覚としたら、大袈裟じゃなくそういう気持ちだったんだなぁって思いますね☆
パパは幼稚園での思い出っていうのがあんまり記憶の中にないから、そこまであの頃のいろんな感情を思い出せません。
美咲ちゃん、王子と一緒に逃げろ~~~(ノ≧∀≦)ノw
2007/01/17(Wed) 02:58 | URL  | ゆっきん #YgKj3tPc[ 編集]
v-238ゆっきぃパパへv-238
物語なので、少々大げさにしてみました(*^m^*) ムフッ
でも、美咲にとっては、一大事だったようですよ♪
パパは幼稚園だったのですね!
美咲もきっとパパと逃げたいでしょうね(笑)
2007/01/17(Wed) 17:51 | URL  | 麻友 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。